お知らせ
news

お知らせ 2020.07.30

ペットボトル分別品質Aランク!

公社が管理運営する資源選別センターは、市民のみなさんが分別した「缶・びん・ペットボトル」を搬入し、種類別に分けて再資源化するための処理をしています。

資源選別センター:http://shigenkousha.or.jp/senbetu01.html

 

この7月「ペットボトル」について容器包装リサイクル協会が、品質調査を行いました。

これは、市民のみなさんがどれだけきれいに正しく分別しているかの試験でもあるわけです。

 

結果は、総合的な評価は最高のAランクでした。

 

しかし、採点表を細かく見てみると検査項目によっては

大幅に減点されているものがありました。

それは、「キャップ・ラベル付きペットボトルの混入」です。

つまり、キャップやラベルの除去をしないまま出されているペットボトルが

まだまだ3割ぐらいはまじっているのです。

 

ペットボトルの正しい出し方は、

①キャップとラベルをはずし(容器包装プラへ) ②なかをゆすぎ ③つぶす です。

また、最近問題となっているのは、キャンペーンなどの応募シールです。

応募シールは、小さくはがれにくいのでリサイクルの妨げとなり、

キャップ・ラベル付きと同様に大幅に減点されてしまいます。

 

Aランクを持続し、品質の良い製品へとリサイクルするためには、

正しく出していただくことが大切になってきます!

キャップとラベル、応募シールを外して分別!

みなさまのご協力をよろしくお願いいたします!

 

平成30年度調査結果